太郎式☆株トレード

田舎に住む低所得サラリーマンが株取引をしています。通算取引では大きく負け越しておりますが、いつか何かの間違いで大逆転を目指しております。

令和

平成時代から株取引開始

こんにちは、太郎です。

いよいよ平成時代も終ろうとしています。

思えば株取引を始めたのも平成時代。今から17年ほど前ですから平成14年ですかね。リーマンショックはホント市場が荒れましたが、幸いにも私は当時まだ大きくポジションを取ってなかったので大打撃は喰らいませんでしたが、相場の世界では定期的に暗い期間というものが存在していました。

当時の私はというと、1銘柄1単元を買うのにおっかなびっくりで、勇気を出し(えいや!)と、買ってからは5分おきに現在の株価が気になって仕方なかったものです。

当時のあの新鮮な私が今の含み損を見たら口から泡吹いて気絶するでしょうが、慣れというものは恐ろしいもので、今では何の迷いもなく、まるでコンビニで弁当を買うかの如く株を購入し、含み損一色の口座を眺める毎日でそれが当たり前の生活の一部となってしまった。

まぁ、そんな平成時代、令和になっても多分何も変わらないと思いますが、とりあえず夢は含み損を解消したい、それに配当や優待だけで暮らしていきたい、あと、私の持ち株を執拗に空売りを仕掛けてくる機関が適度に破産してくれることを願っております。


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

新元号「令和」発表、ご祝儀相場なの?

こんにちは、太郎です。

今日は新元号が発表された記念すべき日でした。

テレビやネット配信業者など、様々なメディアも大いに盛り上がり、株の世界では日経平均は朝から上昇し、Yahooファイナンスのニュースでは新元号のお祝儀相場だとか抜かしておりました。

kusokabu20190401

大光がマイナスで終わった以外は上昇してくれましたが、欲を言ってはなんですが、もう少し利益が欲しかったところです。

ブロードメディアに至っては一時94円まで行ったのに、午後からダダ下がりで結局2円の上昇で終了、こういう終わり方は何だか損した気分になってしまう。

ま、とりあえずは新元号「令和」発表の日に大きな含み損が出なかっただけでも良しとするべきか・・・。


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
プロフィール

こんにちは、太郎です。
通算株取引では火だるま状態です。
嫌いな言葉は、含み損、利益確定、急落、下方修正、増資、塩漬け、無配、減配、などなど