こんにちは、太郎です。

金曜日のNYダウの下痢っぷりを見せつけられ、早くも月曜日には含み損が拡大することがほぼ確定になるという、死にたくなるような土、日曜日でしたが、そんな気分を変えるために、岐阜県山県市にある「岐阜レトロミュージアム」ってところに行ってきました。


DSC_0119

最近ではテレビや雑誌なんかでたびたび紹介されており、それを見た私めも1度は行ってみたいと思っておりました。

場所は何となくわかっておりましたので迷うこともなく到着しました。

入場料は1時間500円で、それを超えるとまた幾らか払うようなシステムで、施設内には懐かしい自販機やゲーム機、駄菓子なんかが置いてありました。

DSC_0110

また、昔のパチンコ店そのままを再現しているようなエリアがあって、ずいぶん昔によく打ったパチンコ機なんかが何台も設置してありました。

DSC_0085

最初の入場料支払いでパチンコも打ち放題だったので、いろいろ設置されてた中から特に懐かしいこの一台を打ちました。

IMG_0836

マジックカーペットという台ですが、当時、これが設置されてた頃は、今のように小奇麗なパチンコ屋などはほぼ皆無で、店員もパンチパーマをかけたオッサンやらが台のカギをジャラジャラさせ威嚇するようにシマを巡回し、これまたパンチパーマみたいなヘアスタイルのおばはんが面倒臭そうにカウンターを仕切っており、おおよそサービス業とは思えないほどの仕事っぷりを発揮している時代でした。

そんな事を思い出しながら打ってみると、意外と夢中になってしまいましてね、最初の1時間なんかはあっという間に過ぎてしまい、結局、延長してしまいました。

当時はよくパチンコで負け、「もう二度とやらない」と誓うも、数日経つと当然のように打っていた私めですので、ずいぶんとお金も捨ててしまいましたが、それもいつからか行かなくなってしまい、パチンコでお金をロスすることは無くなりましたが、今度は株でお金をロスしていますので、結局、私めは何をしても負ける運命の星で生まれてきたのかと、ふと、帰る道中で思った一日でありました。